A:カード会社の案内には、利用限度額の欄に10万円〜300万円のように記入されていますが、実際に借り入れできる額は、総量規制により「年収の3分の1以下の金額」になります。

 

利用限度額は「ショッピング枠」と「キャッシング枠」で異なります。総量規制が適用になるのは、キャッシング枠の方です。

 

ショッピング枠は、「割賦販売法」が適用になります。通常はショッピング枠の方が金額が大きく、キャッシング枠をゼロにしてクレジットカードを作成することも可能です。

 

 

利用限度額は「利用可能枠」とも呼ばれていますが、新規借り入れの場合は、利用可能枠一杯をおろさずに少額借りて、確実に返済することを考えた方がよいでしょう。

 

確実に返済することで実績ができれば、利用限度額が増えることがありますが、延滞が続くと利用可能枠が少なくなったり、最悪の場合は利用停止になることもあります。

 

 

また、利用限度額は、カード会社に頼んで「増額」してもらうこともできますし、「減額」することもできます。減額の方が簡単です。

 

増額の場合は、再審査になることがあるので、この審査次第で必ずしも希望がかなうとは限りません。

 

海外旅行に行く場合など、一時的に利用限度額を上げてもらうこともできます。