A:クレジットカードは、作るときにポイントが多く付くので、何枚も作ってしまう人がいるようです。

 

しかし、住宅ローンを組むときなどに持っている枚数が多いと、利用限度額まですべてプラスにされてしまい、借金と見なされる場合があります。

 

また、カードの中に年会費のかかるものが数枚あれば、持っているだけでお金がかかります。

 

数多く持っていると、盗難に遭ったときに気づかなかったり、被害が大きくなるおそれもあります。

 

すべての暗証番号を記憶するのもたいへんでしょう。入力間違いをすればロックされるようなことも起こりますから、管理だって難しくなりますよね。

 

 

何枚必要なのかは、その人の支払い能力によります。複数のカードを使っていると、一度に支払わなければならない総合計が多くなるので、月々の負担が重くなりますから注意が必要です。

 

ポイントをためるにしても、一枚のカードで集中してためた方が交換しやすいと思います。

 

対処方法としては、不要なカードを減らすことですが、減らせないようであれば、使わないカードのショッピング枠を下げてもらうことや、キャッシングの限度額を低い金額に下げてもらうことができます。