もしも、カードをなくしてしまった場合に、カード会社の連絡先はわかりますか?

 

多くのカード会社には、紛失・盗難の専門ダイヤルがあります。この緊急ダイヤルがない、もしくはつながりにくいカード会社はやめておきましょう。

 

なくしたことにすぐに気づいて連絡が早ければ、カード被害に遭わずにすみます。それには、財布の中などに入っているカードを常に確認しておく習慣が大切です。

 

 

クレジットカードを落としたり、盗難に遭った場合には、すみやかにカード会社と警察に連絡してください。

 

カードには盗難保険が付いていますから、カード会社に紛失・盗難の届け出をした日から60日前にさかのぼり、それ以降に不正使用された損害については、全額補償されます。

 

ただし、本人に過失がある場合は、補償されないこともあるので注意が必要です。

 

本人に過失がある場合とは、カードの裏面に本人サインがなかったり、暗証番号が容易に推測されやすい場合やカードの保管が悪い場合などです。

 

カード会社は紛失・盗難の届けを受けると、カードの利用停止をします。その後のカードの再発行については、2〜3週間程度かかります。

 

ちなみに、盗難・紛失届出後にクレジットカードが見つかっても使用することはできません。以前のカード番号は無効となります。

関連ページ

カード被害