前回は、インターネット上のセキュリティについて書きましたが、街で使う際にも注意が必要です。

 

まず、クレジットカードの裏面に、あなたの名前のサインはありますか?

 

ふだん記入している字体でしっかり書き込んでおきましょう。なにかトラブルに遭ったときには、このサインが決め手となります。

 

クレジットカードの犯罪で、もっとも多いのは、盗んだり拾ったりしたカードでショッピングされてしまうことです。

 

カードを使用する際には、お店の人のセキュリティに対する意識の高さも重要です。

 

クレジットカードの裏面のサインと購入者が記入したサインを見比べて、男女の違いや、筆跡が大きく違っている場合に警察に通報すれば、被害を未然に防ぐことができます。

 

まれに、この店員がスキミングを行っている場合もあるので、油断はできません。身に覚えのない請求がきて、そこのお店でしか使っていないなら、その店員による犯罪である可能性があります。

 

クレジットカードをいつも複数持ち歩き、どのカードを持ち歩いているのか把握できていない、そしてカードの裏面にサインがない場合は、いつカード被害に遭ってもおかしくないといえるでしょう。

関連ページ

カードの紛失